天使は踊っている

こんにちは。

ペットのご遺骨を入れてつくる
メモリアル・ガラスビーズチョーカーhadami「はだみ」です。

今日は絵本をご紹介しますね。

主人公は天使になったねこのチャーちゃん、
チャーちゃんはこう語ります。


DSCN4718_ちゃー2.jpg


「はっきり言って いま死んでます。
 てか、踊ってます。」


DSCN4719_ちゃー3.jpg


えぇ? もうびっくりです!

チャーちゃんにとっては
生きていて遊んでいたことと
死んでから踊っていることに
違いはまったくないのです。


DSCN4720_ちゃー4.jpg


「死ぬ と 生きる の違い?
 よくわかんないな。

 死んでも 生きても ぼくはぼくだからね。」


DSCN4723_ちゃー5.jpg


ペットロスの本は飼い主の立場から
悲しい気持ちや思いを綴られたものが多くありますが、
この絵本は一線を画しています。


DSCN4721_ちゃー6.jpg


チャーちゃんの語る言葉と
のびのびとした明るい絵に
どんどん引き込まれてしまいました。

涙が枯れない時期はたしかにあります。
そしてその時期はとても辛いことも知っています。

でもチャーちゃんはじめ、空で踊っている仲間たちは
パパとママにまた会えることを知っているから
ちっとも悲しんでいないのです。


DSCN4722_ちゃー7.jpg


よかったら手にとってみてくださいね。
心に晴れ間が戻ってきますように。

「チャーちゃん」
作:保坂和志
絵:小沢さかえ
出版社:福音館書店


DSCN4716_ちゃー1.jpg


肌身はなさず、身につけて。
hadami for Pet Lovers

hadami サイト
hadami Facebook

この記事へのコメント

  • Mayu

    ほっとするような、心温まるようないい絵本ですね。
    2017年11月12日 14:40
  • hadami

    mayuさま

    コメントありがとうございます。
    返信が遅くなりまして申し訳ありません。

    また明るい気持ちになれる絵本をご紹介したいと思っております。
    2017年12月27日 22:57